Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【雑学】横断歩道の両端の縦線がなくなった理由とは?

横断歩道

あなたは横断歩道と言ったらどんなものを思い浮かべますか?

両端に線がある「はしご型」ですか?

それとも単なる「シマシマの横線」ですか?

実は横断歩道は、「はしご型」から「シマシマ型」にデザインが変更になっているんです。

今回は、横断歩道がいつからどんな理由で変更になったかご紹介します。

スポンサーリンク

横断歩道のデザインはいつ変わった?

新旧横断歩道

横断歩道は1992年に法改正され、順次縦線がないものに変更にされました。

今から25年も前に法改正があったんですね~。

今の子供は、横断歩道の両端に縦線があったことを知らないのだと思います。

縦線がなくなった理由は?

縦線がなくなった理由はいくつかあります。

スリップ防止

昔のはしご型は、白線で囲まれた部分に雨水が溜まりやすく、スリップの原因になっていたんです。

確かにペイントの上やその付近て、濡れると滑りやすいですよね。

私がバイクの免許を取ったときには、先生に「雨の日のペイントには気をつけろ!」と散々言われたのを覚えています。

でも実際道路に出てみると、横断歩道の縦線を越えなくてはいけず、雨が降った時はいつも慎重に通過していたのを思い出します。


ドライバーから見えやすい

両端に縦線がないほうがドライバーから横断歩道が認識しやすいんだそうです。

浮き上がって見えて目立つんだそうですよ。

気が付いていないだけで、そんな効果があるんですね。

経費削減

縦線がなくなった分、塗る部分が少なくなるので経費が削減されるのは当然です。

補修のときも両端の線がないので、塗料が少なくてすみますね。

ほかにも、設置・補修時間が短縮できるので、人件費も削減できるんだそうですよ~。

まとめ

かなり昔に「最近の横断歩道、変だなぁ?」と思ったので、両端に縦線がある横断歩道は、もうほとんどないんじゃないですかね。

皆さんもぜひ観察してみてください♪

スポンサーリンク

シェアする

フォローする