2018年台湾地震の義援金・募金先はどこがおすすめ?情報まとめ

台湾

2018年2月6日(日本時間で7日)台湾東部の花蓮県でM6.4の地震が発生しました。

日本の友人・兄弟の台湾に義援金を送りたい、募金したいと思っている方も多いのではないでしょうか?

その反面、一部で義援金詐欺・募金詐欺が発生したりと、本当にお金が届いているか不安にもなったりしますよね。

今回は、そんな方のためにおススメの募金先や支援方法などをまとめてみました。

スポンサーリンク

義援金送付先・募金先

Yahoo!基金

ヤフーの募金は、Tポイントでできるのでおススメ。

他にも、クレジットカードで募金ができます。

Yahoo! JAPAN IDの取得(無料)とTポイントの連携が必要ですが、

1ポイントからでも可能なので、Tポイントが余っているよ!と言う方はぜひ。

Yahoo!基金の募金ページ | Tポイントでも寄付できます。

楽天クラッチ募金

楽天クラッチ募金は、楽天スーパーポイントで募金することができます。

こちらも1ポイントからでも可能なので、ポイントが余っている、と言う方におすすめ。

他にも、クレジットカードで募金ができます。

日本赤十字

現時点で、日本赤十字では台湾東部地震に対する募金活動は行われていません。

情報が入りましたら、更新致します。

コンビニ

レジ横に募金箱があって、手軽にできるのがコンビニ。

コンビニではその時々によってさまざまな募金を行っています。

コンビニの募金箱には、募金先のシールが貼られているので、確認してみてください。

各コンビニの主な送付団体

  • セブンイレブン:日本赤十字、各都道府県の窓口など
  • ファミリーマート:日本赤十字、各都道府県の窓口など
  • ローソン:日本赤十字など


義援金・募金詐欺などデマ情報に惑わされないで

台湾地震が発生した直後、募金先についてあるツイートが話題になりました。

そのツイートはいくつかの特定団体を名指し、義援金や募金の行き先が不明だから、募金をお勧めしない、と言うものでした。

参考 台湾の被災地支援のための寄付金。現地に「一部しか届かない」はデマ

確かに、義援金や募金が使途不明な団体も存在します。

しかし、多くの団体では、ウェブサイトなどに実績を掲載し、金額や送付先を明らかにしています。

不安であれば、募金先の団体で過去の実績などを確認するようにしてください。

きちんとした団体であれば、必ず実績を公開しています。

情報をうのみにせず、自分の目で確かめる、という事を忘れないでください。


観光旅行をして支援する!

今回地震が起きたのは、台湾東部の花蓮県花蓮市のごく一部。

被害は非常に局地的で、それ以外の場所では大きな被害はありません。

台湾の大きさは、日本の九州と同じくらいの大きさ。

ちなみに、東京・大阪間で比較した画像がこちら。

台湾て意外と大きいんです。

観光地で有名な台北、高雄、九份などは花蓮県からは遠く、被害はありません。

また、テレビで報道されたような建物の倒壊もごく一部で、花蓮市の人々も日常生活に戻りつつあるようです。

現地の方も、花蓮市は観光地なので旅行客がキャンセルしてしまう事のほうが怖い、と言っています。

花蓮市のYouth Hostelのプレスリリース全文はこちら

なので、すでに予約していた台湾旅行をキャンセルしてしまう、という事はおすすめしません。

多くの台湾在住のかたが、旅行をキャンセルしないで、と呼び掛けています。

ツイッターなどで現地の安全情報を収集し、台湾旅行を楽しんできてください。

また、台湾はLCCなどで最短・日帰りでも行くことができます。

格安ツアーも沢山あります。

台湾人は本当に親切でフレンドリーですよ♪

観光旅行をし、実際に現地の人とふれあう、と言うのも支援のひとつの形ではないでしょうか。

あとがき

地震後、私も心配だったので、台湾人の友人の一人に連絡をしました。

友人は、「花蓮県以外では被害がなかったから、いつもと変わりないよ~。心配してくれてありがとう。いつでも遊びに来てね。」と言っていました。

この機会に、ぜひ台湾旅行も検討してみてください。

台湾は本当にいいところですよ♪

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

フォローする